【問題点や特徴など】クリエイター支援サービス「Enty」を試す。

 

こんにちは、アニメ監督志望のザッキーです。

できる限りのリソースを全てアニメに注ぎたいので

その土台を作るために、これから様々なクリエイター支援サービスを

使ってみたいと思います。

ちなみに僕の夢はこちらです。

 

クリエイター支援サービスとは・・・

名の通りに、イラストや漫画、アートや音楽など作るクリエイターのために

金銭的な面で、ファンが支援することができるサービスですね。

 

クリエイターというと、やはり案件ごとに納期があって

案件毎に報酬が振り込まれる仕組みなので、どこかの正社員出ない限り

大変不安定な職業だと思います。

僕ももちろんフリーを目指しているので、こういった

サービスはクリエイターは素晴らしいと思いますね。

新たなファンとの交流の場であり、安定した収入源となると思います。

 

今回はそのサービスの一つ

Enty(エンティ)を始めてみました。(ポケモンちゃいますよ)

そしてまさかの、致命的すぎる欠点を見つけてしまいました。。

HPはコチラ→https://enty.jp/

 

スポンサードリンク

 

●登録はめちゃくちゃ簡単

画面右上にある「ログイン」から

ツイッターやGoogleと連携してアカウント作成が可能です。

一瞬でアカウントが作れるので、ホント連携は便利ですよね。

 

また、サービスの仕様上

アカウントを作成した時点で、クリエイターページが公開されます。

クリエイターページはこんなカンジ。(PC表示)

「応援したいだけなんだよ!!」

という方には、少し厄介な設定なので、自分のクリエイターページに飛び

この赤枠をクリック

ポップアップが出てきたら、ページを非公開設定にしておきましょう。

ちなみにツイッターで登録したら、自動的にツイッターと連携されるようになってます。

 

・アナリティクスでアクセス解析も可能

ポップアップ下部のアナリティクスとは

ページURLをGoogleアナリティクスで読み込ませることで

アクセス解析をすることができます。

何人がページに訪問したのかわかるので、お勧めですよー。

ポップアップの下部に、トラッキングIDを入力することで

アクセス数などを確認することができます。

 

トラッキングIDを入手するには

Googleアナリティクスに登録or

既に持っている方はアカウント追加しましょう。

Googleアナリティクス

 

Entyの自分のページのURLなどを入力します。

(URLは、先ほどのポップアップ画面で変更できます。)

そして申し込み。

すると、指定URLのトラッキングIDが発行されました。

 

そのIDを、さっきのポップアップに入力して完了です。

アクセスは、アナリティクスのHPから見れますよー。

 

●アダルト需要多すぎィ!!

大分うふーんなクリエイターが多いイメージ。

9割型が女の子で埋め尽くされてますね。

独特のcoolJapanクリエイターって感じですねー。

他にも歌や音楽があるので面白いですねー。

 

●支援金あたりの単純利益を意識する!

支援とコストがきちんと見合っているか、最初に確認しないとダメなようです。

1円を作るのに5円かかっていたらそれだけで赤字ですよね。

これと同じで、100円で支援してくれた方に対するお返しのコストが

100円以上にかかってしまうなら、働けば働くほどマイナスです。

なので、単に支援金の値を考えるのではなく

単純利益(支援金ーコスト)を念頭に置いておかなければ、後の祭りですね。

このように、支援コースの金額からコストを引き算して

考えなければならないと思います。

 

その上entyは、一回コースを作って、誰かがそのコースで課金してしまうと

コースの金額や、お返しする内容を変更することはできません

まぁ当たり前のことなのですが、それだけに、きちんと最初に

きちんと単純利益が守れるか、本当に注意しないと大爆死しそうですよ。

人気ならなおさらです。

 

スポンサードリンク

 

●支援金額・内容は絶対適当決めちゃダメ!!

絶対にダメです。

なぜなら、先ほども書きましたが

支援が始まった時点で、コース内容の変更はできなくなるからです。

 

ここに素晴らしい内容の記事が書かれてました。

Entyの使い方 サービスが抱える問題点と解決策を勝手に考えてみた

 

記事下らへん。

 

一般向け(~5000円くらい)とは裏腹に

スポンサーコース(10万~30万)を支援として用意する。

企業・セレブ向けのコースで

テレビのスポンサーのように、影響力の強いコンテンツによって

スポンサーの宣伝を行う代わりに、クリエイターは大金を得る。

ただセレブな人はそんなのもいらないかもしれませんね笑

また、熱狂的なファンが、旗を上げてくれるかもしれません。

相当な実力でなければ誰も支援しないコースだとは思いますが

思い切って用意しても、特にマイナスにならないので

やってみるのが面白そうですね笑。

 

●支援コースを設けるほどコストも増える

多くても5つくらいでしょうか?

「どうせならたくさんコース設けて、支援しやすくするか!」

これも落とし穴ですね。

確かにユーザー視点では、選択肢がたくさん用意されていた方が

利便性は高いと思います。

ですがクリエイター視点では、逆にその分のお返しを考えて

毎月用意しなければいけないので、あればあるほど手間がかかります。

 

僕はまだ駆け出しなので、まずは2、3つのコースを用意して

それでも余裕があれば、少しずつ増やしていこうかと考えております。

一気にコースを作って、行き倒れるの防ぐためです。

まぁそんなに支援して頂けるか分かりませんが笑

 

なのでまずは2つくらいのコースを作って、それでも余裕があるなら

増やしていくことをお勧めします。

 

●できない約束は絶対しちゃだめ!

毎月きちんとお返しできる確信がなければ

容易に支援を募ってはいけないと思いますね~。3日間坊主な方は考えモノです。

また、支援コースが多すぎて

お返ししたいけど時間が無さすぎ!問題も起こりうることですね。

ここは気をつけたいですー。

 

お返し内容は特に、法的義務があるわけではないので

逮捕されることはないかもしれませんが

ユーザーとの信用問題に関わります。これは重大です。

この同人作家なんかは、月5000円のコースを用意しておいて

何カ月もお返し内容を延滞していたようです。

https://togetter.com/li/1080583

 

この方は、この一件を機に信頼を壊してしまったので

名前を変えるか、モーレツな名作を生み出さない限り

再スタートはできないでしょう。

 

このように、法的義務が無いからといって、お返しを怠ると

もちろん退会者が増えますし

信用が無くなると、今後のクリエイター人生に大きな影響を及ぼします。

ユーザーがいて、クリエイターが成り立つのですからね。

ましてや顔出しなんてしてたら最悪ですね。

そんな僕は顔出ししちゃってるんで、信用問題は

切っても切り離せない関係です。

なので、絶対守れない約束はしちゃいけません!

 

●支援者がいる限り退会できない!?

例えば僕がentyで収入源を確保できたとします。

ですが、新たに豊富な収入源が生まれたので、辞めようと考えます。

 

ですが、支援者がいる限り無理です。

退会したら、自動的に支援が打ち切られるワケではなく

支援者1人1人連絡して、支援を辞めて頂くしかありません。

 

仮に支援者がいる状態で退会できたしても

クリエイターページが残っているので、実質課金可能なんです。

そして、中には放置課金している方もいる可能性があるので

恐らく連絡しても音信不通な場合が多いでしょう。

100人いたとしたら、1人くらいはいるんじゃないですかね。

さらには1人でも支援者がいれば、クリエイターページを消すことができないので

最悪、ページが残ったまま、全く架空のクリエイターに支援が行われるという

意味不明なお金の流れが発生してしまうらしいですね。

そのお金はもちろんクリエイターに届かず、Entyの懐に入ります。

 

なので、数百数千人規模の支援者がいる方は、実質退会は不可能に近いかも?

 

いやぁ~長い目で見ればこれ、どうすればいいんですかね。

□問題点

・entyが儲かってしまうことと

・放置課金ユーザーが大きな損を被ってしまうこと

・架空のクリエイターのページは邪魔でしかないこと

 

仮に僕が出世したとして、長編映画を商業的に上映するようになったら

entyはどう処理すれば良いんですかね?

死ぬか、会社が無くなるまで続けるのもおかしな話ですし。。

 

クリエイターの退会を想定されていない&ユーザーの利便性を考えていない

姿勢には、支援会社としていかがなのかと、懐疑的になってしまいますね。。

後始末はよろしくみたいなね。。

参考リンク

Entyはクリエイターが退会したくてもできない仕様だった模様。

 

●まとめ

Entyは、アートというより

記号化された萌えアニメ寄りのイラスト・ゲーの同人作家が目立つ印象です。

僕も最初見た時「!?」となりましたし

正直、TOP画面を他人に見られたらちょっと恥ずかしいくらいですね笑

エロが嫌いな方じゃないなら、お勧めです笑

僕はエロで攻めるつもりはないのですが

ここでアニメ制作のための環境を整えていきたいですね~!

 

一方、長期的な目で見ると、退会まで考えられていないのは

見過ごせない点ですね~。

ましてや僕は映画監督になりたいので、いつかさよならするときが

来ると思うんですよ。ファンとの交流が続くとしても

恐らく既存サービスに頼らず、ペイパルでの支払いで

独自にサービスを作るかもしれないですし。

 

まぁでもやってみますよー。(超楽観的)

 

スポンサードリンク

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です