【プライド活用法】プライドに支配された僕は、映画を完成することができなかった。

どうも、人間不適合者のカネザキです。

僕の今の夢は

 

映画館で自作のアニメを上映すること。

 

 

というわけで、自作の映画を

イオンシネマのレンタルスクリーンで

上映しようとしてたんですね。

ですがこれは、僕の高すぎるプライドの結果

暗礁に乗り上げてしまいました。

 

夢の詳細はコチラ

現在制作中のアニメ

僕が映画を創る理由

※現在は短編から初めて、着々と夢に進んでいます。

●僕は50分のアニメをいきなり作ろうとしていた。

そのため、僕は過去のブログで

50分の作品をいきなり作って

映画館で上映しようと頑張ってました。

http://jack3140820.hatenablog.com/#edit

 

ど素人の僕が、いきなり1人で50分の映画を作るんです。

バカげているでしょう?

でも、当時の僕は、謎の異常に高いプライドがあったので

絶対できる!と信じて、熱意を持って制作していました。

素人がいきなりハリウッド映画を作っちゃうくらいバカげた話なんです。

でも当時の僕は、その可能性にかけてみました。

当時はめちゃくちゃ燃えましたね。俺が先駆者になってやると。

 

まずはビデオコンテまで1人で作って

その後はクラウドファンディングなどを活用して

制作仲間を広げていこうと考えていたのですが、いかんせんうまくいかず

専門学校などに出向き相談したところ

数百万どころじゃないほどの金と時間がかかってしまうことに気づかせて頂きました。

 

僕はアニメを制作したこともないんです。

アニメーションにも興味があるわけではない。

ただ作りたい作品があったから。

ってだけなんですね。

 

このような背景あって、僕は一旦脚本を終えて、絵コンテ段階だったジレンマを

本当にご勝手ながら休止させて頂くことにしました。

 

●夢から醒めるのが恐ろしくて、何も作品を作れなかった。

思えば僕は今までずっと、プライドが高すぎて失敗続きでした。

高校3年生になっていきなり、県内トップの大学を志望したり

めちゃくちゃ面白いマンガ作る!とか言って

構想を練ってるうちに飽きてしまって没×5くらいあったり。

理想が高いのは良いことかもしれないんですけど

あまりにハードルが高すぎる割に、あまりに能力が低くて

全て失敗に終わってしまいました

富士山に全裸で飛び込むよう挑戦ばかりをしてましたね。

これにはもう自分でも笑うしかないっす。恥ずかしいどころじゃないですね。

だって僕はまだ、何一つ作品も作れていないんだから。そして今回も休止しちゃうっていう。

 

どうやら、僕は自分のコトを天才だと思ってて

自分が傷つくのが怖くて、夢から醒めてしまうのが

恐ろしくて。

なので厳密には、作品が作れなかったのではなく、作らなかったんだと思います。

そして、プライドと能力が見合ってなかったので

このような結果に陥ったのだと思うんです。

お前はイーロンマスクとかジェフベゾスさんじゃねーんだよって感じで。

 

僕はついには、映画も完成することができませんでした。

●天才じゃなかった僕は、地道にやってみることにした。

だめだだめだ。これじゃあプライドに負けて、一生

何一つ作品を作れないまま

生涯を終えてしまうだろうと、僕は察しました。

でもジレンマは僕にとっても、本当に大切なお話なので

いつか必ず作りたい。

改善策は2つ。

能力を上げるか、(プライド)ハードルを下げるか。

 

なので、まずは究極にハードルを下げた

自分の能力に見合った作品を

きちんと作ることにしたんです。

そこからドミノ倒し戦略で少しずつ品質や尺を上げていって

いつかジレンマに挑戦したいと思っています。

詳細は別記事にて。

 

●まとめ

皆さんも、同じような経験はないですか?

 

「漫画や小説を書いたけど、誰にも見せられない」

「いつまでも話が完成しない」

 

そんな時は、大体自分のプライドが邪魔して

何も実らずに終わってしまうんだと思う。

なんと、やぎろぐさんも

同じテーマの記事を書いていてびっくり。

プライドが高くて、行動できない

なるほどなぁ。。。やっぱ尊敬っす。

簡単に言うと

誰もお前になんて期待してねーから。とにかく作れよ。

って感じですかね。

一方で、決してプライドって悪い部分だけじゃなくて

作品の質を上げるのに大いに役立つと思う。

僕もプライドが無ければ、絵が上手くなることもなかったはずで。

映画を作ろうとも思わなかっただろうし、勉強もろくにしなかったと思います。

上手く使えばナルトでいう九尾のような存在?になると

思いますが、下手に使うと暴走して逆効果なんすね。

プライドでも、上手く使えば、かなりの武器になると思います。

 

なので、一番良いのは、プライドに使われるんじゃなくて

使いこなすことだと思った。

 

しかし、プライドが暴れだすと

納期を守れなかったりするんですね。

なので、クリエイティブな仕事をしている方は

自分のプライドを削るというよりも

上手く飼いならして欲しいと思いますね。

 

「プライド=バカを隠す行動」

だとすれば

プライドが高い人ほどバカなんじゃないか?

バカほどプライドが高いってこと?

と、逆算することもできますよね。面白い。

 

これで僕がどれだけ、逆に

プライドに飼いならされちゃった

馬鹿か知って頂けたでしょうか?

こんな馬鹿もんですが、見守って頂ければ幸いです。

僕も毎日バカを晒して、プライドと上手く

付き合えるようになりたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です